寄せられたカードローンの体験談から分かる真実

当サイトに寄せられる体験談の多くはカードローンを利用することで救われた…といった意見が非常に多かったです。しかし、カードローンというサービスを使って融資してもらうことが、必ずしも自分を幸せにするとは限りません。

私は今から13年前…18歳の時に初めて消費者金融でお金を借りました。

今思うとなんで成人してないのにお金を借りることが出来たのだろうか…と思いますが、そのときはまだ現在の貸金業法の総量規制という法律が存在せず、きちんと返済してくれそうな人には融資していたのかもしれませんね。当時の私のスペックは

年齢:18歳
結婚:妻子あり
職業:電気工事士
給料:手取り17万円
勤務:就職したばかり

こういった状況でした。結婚したばかりの状況でしたが、手取りの給料がかなり少なく、カードローンでお金を借りるしかない状況でした。

そしてそれから約2年が経った頃…

私の借金は300万円を超えるほどまでに膨れ上がっていたのです。

原因は、高すぎる金利に苦しめられて自転車操業になっていたことでした。そんな安い給料でお金を借りても元金を返せるわけもなく…利息だけを支払う状況が続いていたんです。

利息を払うだけといっても、手取りよりも生活費の方が多かったので新たに融資してもらうことも増えてきて、申込をした消費者金融会社は5社にも登りました。
当時がピークだった武富士やアイフルやアコム…もうあらゆるカードローンを使ってましたね。

今カードローンの申込を検討している方へ

カードローンを申し込む前に、もう一度だけ、返済計画についてしっかり考えてください。
今は年収の3分の1までしか借り入れできないという法律があるので、破産レベルでお金を借りることはできないと思いますが…それでも、お金を借りることで救われるとは限らないのです。

自転車操業にならないように、しっかりと返済計画を立てること。そして金利について大半の人が無関心だとは思いますが、プロミスなどの消費者金融では30日間無利息のキャンペーンを行っていますので、そういった無利息のところで融資を受けることも検討する方がいいでしょう。

もしも返済するアテがないのなら、ご家族に相談するのも一つの手です。