オークションで落札できたと思ったらお金が全く足りなかった時の体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オークションでようやく落札できたと思ったらお金が足りませんでした。21歳、男です。欲しかった腕時計が、中古品でしたがオークションに出ていて、これはチャンスと思い早速入札しました。しかし、どうやら他にも何人か狙っている人がいたらしく、値段がどんどんと釣り上がっていき、最終的に5万円5千円で私が落札しました。これでも定価よりは大分安い方です。

しかし、ガッツポーズをしたのも束の間、ネットで口座を確認すると、

お金が3万円ほど足りませんでした

バイトはしているものの給料日まではまだありますし、親に無心するのも少し気が引けます。普通ならば諦める場面なのでしょう。しかし、せっかくオークションで熱戦を繰り広げて手に入れたもの、この商品には値段以上の思い入れが宿っていると言っても過言ではありません。

友人に連絡を入れてみるものの、皆口を揃えて「お金がない」と言います。やはり大学生は常に金欠に悩んでいるものなのでしょうか。困ってしまいました。手っ取り早くお金が手に入る方法はないものか。ふと借金という言葉を思い浮かべ、そこからの連想でローン、カードローンと繋がりました。

学生の分際でカードローンを利用するのは、というよりも、学生という身分でカードローンを申し込むことはできるのでしょうか。試しにレイクのホームページに入って、審査を受けることにしました。

すると、すぐに融資可能との結果が出ました

学生でもアルバイトをやっていれば大丈夫なようです。ここまできたらもう心を決めて、カードローンを利用することにしました。3万円くらいならばバイトのシフトを少し多めにすればすぐに返済できるでしょう。申し込みをするとすぐに内容確認のメールが送られてきて、その後1時間ほどでお金を借り入れることができました。

誰と会うこともなくお金を借りられることに一抹の不安はよぎったものの、ネットが普及した今、これが普通なのでしょう。便利過ぎてハマってしまいそうですが、あまり利用し過ぎると返済しきれなくなってしまうかもしれません。気を付けなければなりませんね。

商品が無事に届き、その後バイトをして3万円を返しました。無利息期間30日間の範囲内に収まり、無駄な出費を被ることもありませんでしたし、良い買い物ができました。ネットショッピングの時には重宝するということもあり、またカードローンを利用することがあるかもしれません。宜しくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加