ゲームのガチャ代を求める私にカードローンはお金を貸してくれるだろうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それまでに課金した額は約10万円。いくら稼ぎが安定しているとはいえ、これ以上の出費はさすがに厳しい。ソーシャルゲームのガチャの話です。お気に入りのキャラの、その時期限定カード。その時を逃したら今後手に入るという確証はまずありません。齢24歳のいい男が何をしてるんだと言われるかもしれませんが、私にとっては切実な問題でした。

生活費はもう削れるところまで削っています。正直、今後いくらつぎ込めばそのキャラが当たるのか分かりません。1000円かもしれませんし、もしかしたらさらに10万円費やしても当たらないかもしれません。

私は迷いました。そして決めました。

あと3万円つぎ込んで当たらなかったらきっぱりと諦めよう

カードローンのことはよく分かりませんが、比較的名前を聞く会社を選びました。某アイドルグループがCMをやっているレイクという会社です。アイドルが好きというわけではないのですが、なんとなく若者に優しいというイメージもあったからです。

決意が鈍らない内に早速申し込みを開始しました。申し込み理由に「ガチャ代」とはさすがに言えないので、適当に「生活費」と記入しておきました。実際問題として生活費も削っているので、嘘は言っていません。

ガチャの期限まで残り5日。最悪、最終日までに間に合えば良いやと考えていたのですが、担当の人が有能だったのか、その日のうちに3万円を借りることができました。これならガチャが外れてもまたカードローンに申し込めるぞという邪念が突如として湧き上がってきました。我ながら自分に甘いと思います。

その後、1万円を費やした段階でお気に入りのキャラが当たりました

呆気ない幕切れではあったものの、嬉しいのは確か。もしかしたらカードローンを利用してまでもキャラクターを愛する私の心に神様が微笑んでくれたのかもしれません。そんなことはありませんよね。笑ったとしても、それは嘲笑でしょう。そんな年にもなって君は何してるんだと。

2万円が余ったということもあって返済はかなりスムーズに済みました。利息が申込日の翌日から30日間ゼロだったのも有利に働きましたね。もっと大きな額を借りていたらと思うとゾッとします。申し込みをした時の私は、借入額が小さければ小さいほど金利が大きくなることを知りませんでしたからね。本当に無知というのは怖いものです。

ゲームは続け、定期的にガチャもしています。お気に入りのキャラを毎日愛でられて幸せです。今後また同じようなことが起きらないとも限りません。というか、起こるでしょう。その時にはまたレイクにお世話になるかもしれません。それがいつになるのかは、今のところ分かりませんが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加