好奇心旺盛な6歳の娘。おかげで習い事の費用が大変なことになってしまった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

32歳の専業主婦です。先日、初めてカードローンを利用しました。理由は6歳になる娘の習い事の費用を払う為です。習い事くらいで、と思われるかもしれませんが、娘は週に6つほどの習い事をしているのです。強制はしていません。全て娘の方からやりたいと申し出てきました。

まだ幼い娘の好奇心を尊重して、できれば全ての習い事を続けさせたかったのですが、ごく普通の家庭には、それは酷なことでした。しかし、それでも娘の顔が曇るところを見たくなく、その日、私はとうとうカードローンに手を出すことにしました。

手を出す、なんて言い方をすると何か悪いことをしているように思えてしまいますが、実際はそんなことありませんでした。申し込んだのは横浜銀行のカードローン。他の会社よりも金利が比較的低く設定されているのと、後は私自身が横浜に住んでいることが決め手でした。

事前に決めた借入額は30万円です

専業主婦ということで収入はないのですが、旦那がきちんと働いているということで審査は通りました。電話で連絡がきたのですが、思わず安堵の息が漏れました。これでしばらくは安泰です。

ちなみにカードローンを利用したことは旦那には内緒にしていました。言えば反対されるに決まっています。ですので、返済の為には地道な節約が重要となってきます。30万円が口座に入っているのを見た時は、正直手が震えました。お金を借りるなんてこと、初めてのことでしたので。

しかし、返済はなかなか思うようにいきませんでした。節約といっても結果が出るのは大分先のこと、月々の返済は金利分プラスほんの僅かの元金だけで精一杯でした。娘の習い事はそんな時でも続きますので、そのうち借りた30万円が底を尽き始めました。

そんな時、ふとしたきっかけで旦那にこのことがバレてしまいました

怒られるかと思いましたが、旦那の反応はむしろその逆で、悲しまれてしまいました。娘のことで相談をされなかったことが、悲しかったようです。こんなことなら初めから相談をしていれば良かったですね。

旦那と相談をした結果、娘にはのびのびと育ってほしいということから習い事はそのまま続けさせることにしました。ひとまず今ある借金はこれからコツコツと返済し、足りなくなったらまたカードローンから借りようと思いますが、極力そうならないように夫婦共々努力をするつもりです。私も近いうち、パートに出ようと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加