カードローンの体験談

20歳でプロミスを契約…ボロボロの私を救ったカードローン

現在は会社員をやっている30代男性です。

私はハタチの時にプロミスで初めてのカードローンキャッシングを経験し、その若さゆえに少し特殊な経験をしました。当時の家族構成はサラリーマンの父・専業主婦の母・認知症を患う祖父母と暮らしていたのでそこそこの大家族でしたが、父は大企業の管理職を担うストレスから酒・ギャンブルに溺れる有様。これは後から分かった事ですが父がカードローンもすでに上限額いっぱいまで借りていたこともあり、これと言って家庭には貯蓄もありませんでした。

そんな時に起こったのが、祖父母が引き起こした買い物に関するトラブル。祖父母がいわゆる、老人相手の布団売りの様な商売に騙されてしまったのです。

当時学生だった私は相手の業者に幾度も食って掛かりましたが相手もそれなりの商売をしていますから理論武装は完璧です。そうして確実に払わなくてはならないお金が、50万円も発生してしまいました。そこで私が考えたのが、プロミスでのキャッシングでした。

当時からプロミスはテレビCM・携帯サイトなどでの広告展開が盛んで、色々な体験談を読むなどしてハタチの若い人間なりに検討した結果、プロミスが一番怖くなさそうではないか?という結論に至ったのです。

幸い小さな会社でアルバイトもしていましたし、在籍確認の電話も心配はありませんでした。ただ、月収が定まらない業種だったので、そこだけは少し心配が残っていましたが意を決して申し込みを行いました。

借りる時の心境たるやもう、心臓の鼓動が外に漏れ聞こえているのではないかというくらいに大きく聞こえ、審査の申し込みボタンのクリックも震える手で行った事を覚えています。

なぜ、プロミスのキャッシングで緊張をするのか。それは間違いなく、審査に受かる(可決する)かどうか、そしてどんな審査をされるのか、という事が大きなウェイトを占めていたと思います。

こうして若い学生に毛の生えた様な男がカードローンの申し込みを済ませ、次は審査の段階に進みました。通常ならば審査もスムーズに進行することでしょう。

少なくとも、体験談にある先人たちの知恵ともいうべきノウハウから大きくかけ離れた事は発生しないはずです。しかし、私は当時のハタチという若い年齢ゆえに、ここから少し、普通のキャッシング審査とは違うコースを歩んで可決に結びつくことになりました。

「仮審査の結果、恐れ入りますが、店頭での審査となります。お近くの店舗をご案内いたしますか?」

そう電話で告げられた時、頭の中が真っ白になった感触を今でも覚えています。それでも店頭に赴かなければ審査に落ちてしまう事くらいは理解できましたので、急いで店頭に出向いて無人契約機の前に座りました。

その時のプロミスのオペレーターさんの言葉や態度、応接が今でも忘れられません。端的に言って、感動したのです。

「緊張なさらなくても大丈夫ですよ。お勤め先にもお電話させていただきましたが、まだ御年齢がお若いので、宜しければ社員証かお名刺を見せて頂けませんか?」

そう言ってオペレーターの方は勤務状況の確認として社員証・もしくは名刺の提示を求めてきました。この時点で、さしもの若い心臓も張り裂けそうになっていましたが求められるままに名刺を提出しました。

その後もいくつかの質問が続いたのですが、当時の私はしどろもどろになってしまい、給与の手取りと総支給の違いも知らなかったため年収の申告に差異が発生していたことが発覚。もう諦めて帰ろう、そう思ったところで

「みなさんよく間違われる事ですから、お気になさらないでください。お仕事ですが、どのようなスケジュールで普段はお仕事されていますか?お給料日にはおいくら口座に振り込まれていますか?」

そんな風に終始優しくプロミスのオペレーターの方が誘導するように問いかけてくださり、都度私の申告を修正したりするなどして対応してくださいました。

そうして最終的には見事、必要な額である50万円を借り入れることができ、家庭の一大事もここに一旦の収束を見ることとなったのです。

可決の瞬間はただただ、こんな若造にもキチンと向き合っていただいた事、そして助けて頂いた事に感謝の念しかありませんでした。

後日談として月々の返済額についてもキチンと返済を守り、もちろん今では完済させて頂きました。

きちんとオペレーターさんとコミュニケーションを取りたいという方や、特殊な事情のあるかたはプロミスでのカードローンに申し込むことが一番良いのかもしれません。少なくとも、ここにそう思っている人間が1人はいますからね。

好奇心旺盛な6歳の娘。おかげで習い事の費用が大変なことになってしまった

32歳の専業主婦です。先日、初めてカードローンを利用しました。理由は6歳になる娘の習い事の費用を払う為です。習い事くらいで、と思われるかもしれませんが、娘は週に6つほどの習い事をしているのです。強制はしていません。全て娘の方からやりたいと申し出てきました。

まだ幼い娘の好奇心を尊重して、できれば全ての習い事を続けさせたかったのですが、ごく普通の家庭には、それは酷なことでした。しかし、それでも娘の顔が曇るところを見たくなく、その日、私はとうとうカードローンに手を出すことにしました。

手を出す、なんて言い方をすると何か悪いことをしているように思えてしまいますが、実際はそんなことありませんでした。申し込んだのは横浜銀行のカードローン。他の会社よりも金利が比較的低く設定されているのと、後は私自身が横浜に住んでいることが決め手でした。

事前に決めた借入額は30万円です

続きを読む

ネットショッピングにハマってしまって預金残高を全く気にしなかった結果

ネットショッピングは便利である反面、とても恐ろしいものだと実感しました。数回クリックすれば商品を注文できるシステムは、その裏でお金が動いているという事実を忘れさせてしまいます。

正直、月にどれくらいをネットショッピングに費やしているかは正確に把握していませんでした。28歳、気ままなOL生活。彼氏もいませんし、多額の金銭を必要とする趣味もありません。だからこそ気軽にネットショッピングを楽しめていたのですが、ある日、私はとんでもないことに気づいてしまいました。

銀行口座にある預金が4ケタになってしまっていたのです。

残りは数千円。給料までは残り2週間ありますし、財布の中は申し訳程度の小銭くらいしかありませんでした。このままでは生活が立ち行かない。まさかこんな事態になるとは露程も想像していなかった私は友達に助けを求めました。

しかし、返ってくるのは無情な言葉ばかり

続きを読む

ナンバーワンホスト育成計画をカードローンで実行した結果

彼をお店のナンバーワンホストにしてあげよう。そう考えた私は、月に50万円ほどを彼の為に費やすようになりました。キャバクラに勤めているということもあって稼ぎはそこそこあり、50万円という額は決して少なくはないものの、しかし絶対に払えないというものでもありませんでした。

キャバクラの仕事の味を覚えてしまったら、もう他の仕事はできません。まず給料の額が全く違いますからね。21歳という年齢で、月100万円を稼げる職業なんて他にはありません。あるとすれば風俗とかソープでしょうか。でも私は身体を売る職業に就くつもりはありません、絶対に。

半年ほど経っても彼はナンバーワンホストにはなれませんでした。そもそも彼を指名する客なんて、私くらいしかいませんからね、それでナンバーワンになんてなれるはずがありません。

それでも私は彼にお金を注ぎ込み続けました

続きを読む

どうしても車が欲しくて、カードローン利用して一括で購入した話

今年30歳になるしがないサラリーマンです。私には昔から困った癖というか、傾向がありました。それは、欲しいと思った物はすぐにでも手に入れてしまうというものです。両親に甘やかされて育ったせいもあるのでしょうね、自制心の働きがとんと弱く、これまでもそのせいで様々なトラブルに見舞われたものです。

しかし、自身の過去を顧みることなく、今回もまた私はふと欲が出てしまい、手に入れる為の策を講じることとなりました。

その欲しい物とは、車です
値段はおよそ300万円

さすがにこれはと思いましたが、一度欲しいと思ってしまった心はなかなか鎮まってくれません。そういう高い買い物をする時、普通はローンを組むのでしょうね。でも私にはそれができないのです。一括で購入しなければ、それは買ったとは言えないという、奇妙な信念のようなものが私の中にはありました。

続きを読む

ご近所トラブル回避の為にカードローンで引っ越しを試みた体験談

新しい家に引っ越してきて数ヶ月、もう既に次の家に引っ越したいという願望が沸々と湧き上がっています。原因は近所の住人。とにかくうるさいんです。騒音という意味のうるさいではなく、とにかく口うるさく私たちのプライベートに踏み入ってきます。買い物をすれば「これが美味しい」と勝手に物を入れてくるおばちゃんに、地域の行事を開催してはやたらと参加させたがるおじいちゃん。常に誰かに見られているような生活に、本当にうんざりしていました。

私には今年小学校に入学したばかりの娘がいます。引っ越せば、もしかしたら学区から外れて違う学校に転校ということもあるかもしれません。入学してほんの数ヶ月、それはあまりに酷でしょう。

問題は金銭面の方にもありました

引っ越したばかりであまり自由にできるお金がなく、再び引っ越そうとすればどこかからお金を工面する必要が出てきます。娘とお金。これらを犠牲にしてまで引っ越す必要性があるのか、私には分かりませんでした。しかし、どうやら夫と、さらに娘にまで私の気持ちは見抜かれていたらしく、ある日の晩、

「借金してでも良いから、引っ越そうか」

続きを読む

ゲームのガチャ代を求める私にカードローンはお金を貸してくれるだろうか

それまでに課金した額は約10万円。いくら稼ぎが安定しているとはいえ、これ以上の出費はさすがに厳しい。ソーシャルゲームのガチャの話です。お気に入りのキャラの、その時期限定カード。その時を逃したら今後手に入るという確証はまずありません。齢24歳のいい男が何をしてるんだと言われるかもしれませんが、私にとっては切実な問題でした。

生活費はもう削れるところまで削っています。正直、今後いくらつぎ込めばそのキャラが当たるのか分かりません。1000円かもしれませんし、もしかしたらさらに10万円費やしても当たらないかもしれません。

私は迷いました。そして決めました。

あと3万円つぎ込んで当たらなかったらきっぱりと諦めよう

続きを読む

カードローンを使って彼女に高価な腕時計をプレゼントしたら…

カードローンに申し込んだ額は100万円でした。私の月収が約30万円だということを考えれば、かなり懐の痛い額であることは分かって頂けると思います。しかし、私にはカードローンを利用してまで購入しなければならないものがありました。

それは今年30歳になる彼女へのプレゼントです

私の年齢が28歳なので、まあ良い年齢のカップルでしょう。付き合っている期間はまだ半年ほどでしたが、お互い結婚を前提とした付き合いと認識していたはずです。しかし、さすがに付き合って半年で結婚を申し込む勇気も覚悟もなく、私は彼女の誕生日に比較的高価な腕時計を内緒でプレゼントすることにしました。

続きを読む

カードローンを駆使して限定モデルのブランド物を買い漁る私

ブランド物、特に数量限定などのプレミアモデルが大好きな私。正直、稼ぎはそこまで多くありません。25歳の女にしては多い方かもしれませんが、それでもブランド物を買い漁る真似ができるほどの給料は貰っていません。

それでも私はブランド物を購入するのを止められません。彼氏は今のところ必要ありません。時間とお金が喰うだけなので。ブランド物のバッグをプレゼントしてくれるなら良いかもしれませんが、残念なことにそんな相手が見つかるほど見た目が良くはありません。

私がブランド物を買い漁れるのはカードローンのおかげです

主に使っているのはプロミス。「初めての利用者は30日間金利ゼロ」という特典を掲げているところがカードローン会社には多いので、それらを一通り利用した後は、慣れ親しんだプロミスに戻ってきました。複数使っていると段々と訳が分からなくなってくるんですよね。

初めに借りたのは50万円でした

続きを読む

オークションで落札できたと思ったらお金が全く足りなかった時の体験談

オークションでようやく落札できたと思ったらお金が足りませんでした。21歳、男です。欲しかった腕時計が、中古品でしたがオークションに出ていて、これはチャンスと思い早速入札しました。しかし、どうやら他にも何人か狙っている人がいたらしく、値段がどんどんと釣り上がっていき、最終的に5万円5千円で私が落札しました。これでも定価よりは大分安い方です。

しかし、ガッツポーズをしたのも束の間、ネットで口座を確認すると、

お金が3万円ほど足りませんでした

バイトはしているものの給料日まではまだありますし、親に無心するのも少し気が引けます。普通ならば諦める場面なのでしょう。しかし、せっかくオークションで熱戦を繰り広げて手に入れたもの、この商品には値段以上の思い入れが宿っていると言っても過言ではありません。

続きを読む