カードローンの体験談

夢の実現のためにカードローンで自分への投資を試みました

今から貯金しても遅い。そう考えた私は、すぐにカードローンへの申し込みを決意しました。これは自分への投資、そして夢へと繋がる希望。つまらない日常を変えるための、大きな一歩目となりました。

30歳を目前に控えていた私は、特に興味もない会社の、やりがいを微塵も感じられない営業職に就いていました。新卒で入社して以来、初めは多少の情熱を持っていたものの、今となってはその熱も失せ、惰性で日々の業務をこなしていました。

そんな私の唯一の趣味は、料理でした。会社に入り、一人暮らしを始め、当初は出来合いもので済ませていた食事は、業務に慣れるのと比例するように、段々と非常に凝ったものに変わっていきました。

そして30歳の誕生日を迎えるにあたり、誰もいない部屋で料理を楽しんでいた私は、自分に問いかけました。

料理を趣味で終わらせて、本当に良いのだろうか?

そこからの私の行動は、我ながら非常に速かった。社会人用の料理学校に通い、調理師免許を取る為の勉強も始め、毎日、様々なジャンルの店に顔を出しては、味を盗もうとメモ帳に気付いたことを書き連ねていきました。もちろん、自宅での料理の研究も怠りませんでした。

当然のことながら、自身の給料や貯金だけでは、それらの出費を賄うことはできません。利用したのは、プロミスのカードローンでした。

150万円ほどを即日で借り、自分の夢の為に使いました

安定した収入があったので、審査には普通に通り、融資額も、それなりの金額を選ぶことができました。

やがて学校を卒業し、調理師免許も取得した私は、今度は海外の料理に触れたいと考え、英会話に通い始めました。英語さえできれば、なんとかなる。そして半年後、私はヨーロッパに旅立ちました。

カードローンは、いくつかの会社を利用しました。正直、危ない橋を渡ったと思います。もし上手くいかなければ、それらのローンはそのまま私の首を縛るロープと化すわけですからね。

都内に小さなイタリアンレストランを出して数年経った今でも、返済は続いています。店の開店資金なども重なったので、借金額はそれなりになっていましたので。しかし、店がようやく軌道に乗ってきたこともあり、完済の目処は立ち始めています。

私の夢を叶えてくれた数百万円の借金は、実現した夢の続きを歩きながら、ゆっくりと返していきます。

自営業を営む私が止むを得ずカードローンを利用した理由

私がカードローンを利用したのは、従業員への給料を払うためです。当時、会社の業績が思うように伸びず、ほんの数人しかいない社員にさえ、まともに給料を支払うことができなくなっていたのです。

おそらく、きちんと理由を話せば支払いを先延ばしにすることはできたでしょう。それだけの信頼関係は築けていたと自負しています。しかし、私はそんな真似だけはしたくなかった。信頼に甘えることだけは、絶対にしなくなかったのです。

私はカードローンから融資してもらった100万円を給料として支払いました

借入先は、会社を立ち上げる際にも資金面で世話になったオリックスです。融資をしてもらうためのカードがまだ手元にあったので、それを利用しました。まさか、こんな後ろ向きなキャッシングをする羽目になるとは思いませんでしたが…。

パソコンで融資を頼み、その日の内に口座に100万円が振り込まれました。その気安さは、心強さと同時に恐怖の感情も招きました。お金の価値が軽い。窮状とはいえ、こんな大金をポンと引き出せるシステムが恐ろしいものに思えました。

もしこのまま業績が回復しなかったら…?

カードローンどころの話ではなくなるでしょう。お金はどこかから引っ張ってこれるもの。心のそこここに巣食っていた甘えを、私は捨てました。もうキャッシングに頼ることはすまい。これ以上頼らざるを得なかった状況に陥った時、それは会社を畳む時と同じだ。

社員も会社の業績は分かっていたと思いますが、給料は素直に受け取っていきました。さもそれこそが信頼の証だとでも言うかのように。会社から出たお金を給料として渡せなかったことが、私には悔しかった。

それからしばらくは横ばいの業績が続いたものの、最近になってやっと上向きになってきました。この調子でいけば、完済の日もそう遠くはないはずです。

頼れるものがあることの有難みは身に沁みましたが、それ以上に、過度の甘えが生じさせる心の隙というものがいかに怖いものなのかを実感しました。頼らなくても済むような土壌を、頼った末に得たもので創ることが大切なのでしょう。これからも精進して、会社を守っていきます。

どうしても欲しい最新ゲーム機をカードローンで買った体験談

プレイステーションVRがどうしても発売日当日に欲しくて、むちゃくちゃな苦労の末になんとか予約を取り付けました。その時はまだ、口座にゲーム機を買うだけのお金はあり、私は当日プレイするゲームソフトのことだけを考えていました。

しかし、そこから状況は一変。急な出費が相次ぎ、ゲーム機はおろか、よく考えてお金を使わなければ生活もまともに立ち行かない状況に陥りました。

せっかく苦労して予約したのに、このままだとプレイステーションVRが買えない。生活のことよりも何よりも、真っ先に頭の中に浮かんだのはそのことでした。25歳にして、フリーターという身分に加え、気ままな独り暮らしをしている私にとって大事なのは、生活よりも、夢中にさせてくれる遊びでした。

私は生まれて初めてカードローンを利用することを決意しました

友人に借金するのは気が引けますし、そもそも金銭の貸し借りを申し出られるような友人がいませんでした。選んだのはアイフル。テレビのコマーシャルでよく見ていたので、真っ先に名前が浮かびました。

ウェブで申し込み、審査を待ちました。フリーターでも大丈夫だろうかという不安が脳裏をよぎりましたが、結果は合格。10万円という、おそらく借り入れにしてはさほど高くない額を申し込んだのも、審査通過の理由の一つだったと思います。

すぐに融資が可能となり、口座に10万円が振り込まれました。もっと時間がかかると思っていたので、少し拍子抜け。こんなにも簡単にお金を借りられることにいささかの恐怖を感じましたが、何はともあれ、生活の見通しは立ちました。提出義務のある書類も、その日の内に揃え、アイフルに提出しました。

その後、通常のアルバイトに加え、いくつかの日雇いを経て、数ヶ月後にはローンを完済することができました。ゲームを優先したいところでしたが、借金があるという事実は思っていた以上に重く、ゲームがしたいという欲求よりも、早く全部返して身も心も楽になりたいという想いの方が勝ったのです。

カードローンに感謝はしていますが、急ごしらえのお金というのは、どうやら性に合わないようです。何があっても大丈夫なように、少しずつですが、貯金を始めました。

シングルマザーの私がカードローンを利用したのは学費捻出のため

高校生になる娘の学費を賄うため、プロミスのレディースキャッシングを使いました。奨学金などの制度も利用できはしましたが、あまり良い噂を聞かないというか、将来的に娘自身の負担になりそうなので、そちらは取り止めました。

私は30代のシングルマザーです。仕事はしていますが、介護職ということもあり、給与はあまり良くありません。貯金も、不本意ながら、あまりできていませんでした。日々の生活を支えるだけで、精一杯だったのです。言い訳にもなりませんが。

安定した収入があれば大丈夫とのことでしたが、それでも申し込むときは不安でした。事務的な対応だけされて断られたらどうしようとの懸念も、当然持っていました。受話器を持つ手は、情けないことに震えていたことを覚えています。これがダメなら、また別の方法を探さなければならない。

しかし、そんな心配は杞憂に終わりました。通話口に出たのは、ハキハキした喋り方をする、おそらくですが若い女性で、初めてキャッシングを利用する私に、一から十まで、丁寧な説明をしてくれました。

その日の内に、100万円が銀行口座に振り込まれました

相手が女性ということもあり、あまり関係のないことまで話してしまいましたが、オペレーターの方はきちんと最後まで耳を傾けてくれました。男性オペレーターだったら、ああはいかなかったでしょう。同性同士の気安さというか、共感のしやすさといのは、やはりありますからね。

借りたのは、学費一年分。娘のことを信用していないわけではなく、その一年の内になるべく貯金をして、カードローンに頼らずとも済むような環境を整えるためです。

学費のためにカードローンを利用したことを、娘は知らないと思いますが、最近バイトを始め、その給料をいくらか家に入れてくれるようになりました。そのお金は使わないで取っておいています。きっと将来、何かの役に立つはずですから。

返済は、半年経った今でも続いています。100万円も借りたのですから当然ですが、そのおかげで毎日、娘が眠そうな顔をしながら学校に行っているのかと思うと、仕事にもより一層の熱が入るというものです。

いざという時に頼れる場所がある。非常に、重要なことです。私も、娘にとってそんな頼れる存在になれるよう、頑張りたいと思います。

カードローンを利用しては友達と海外旅行に出かけています

年に数回、長期休暇の機会を得ては、気の置けない女友達と海外旅行に出かけています。貯金が貯まっていればそれを使いますが、ほとんどの場合、賄いきれないので、足りない分はカードローンで補っています。

キャッシングを利用し始めたのは6年ほど前のこと。借入先は今もその時も、三井住友です。元々そこに口座を持っていたので、どうせならと、カードローンも同じにしてしまいました。

旅行費用を理由にして借りられるのかなと、当初は思っていましたが、

遊興費でも、気軽にキャッシングを受け付けてくれました

その時は、10万円の借入でもびくびくしていたのを覚えています。友達を含め、誰かからお金を借りるなんてことは、初めてのことでしたので。ネットを介して、誰とも顔を合わせないで、なんてのはもはや恐怖でしかありませんでした。それももう、慣れましたが。

実は、旅行費用以外でもカードローンは利用しています。その旅行で散財してしまった時などですね。給料日までの繋ぎ、いわゆる生活費をそこで賄っています。頻度はあまり多くありませんが、助けられたことは一度や二度ではありません。

返すのが大変、というのは正直に言って事実ですが、高金利というわけでもないので、

計画性を持った返済を心掛ければ、さほど苦ではありません

今までの利息を計算してみる勇気は、さすがにありませんが…。借りた額以上のお金を払っていることは明白ですので。

苦境に陥った人が利用するためのものに思えるカードローンですが、実際はそんなことありません。ほんのちょっと生活が苦しかったり、遊びたいけどお金がなくて遊べない、なんて時にも気軽に使えます。現に、私がそんな使い方をしていますしね。

そろそろ貯金するべきかなとも思いますが、もうしばらくは気ままな女二人旅を楽しもうと思います。来月も旅行に行く予定ですが、どうやら費用が足りなくなりそうです。カードローンに助けてもらうとしましょう。

20歳でプロミスを契約…ボロボロの私を救ったカードローン

現在は会社員をやっている30代男性です。

私はハタチの時にプロミスで初めてのカードローンキャッシングを経験し、その若さゆえに少し特殊な経験をしました。当時の家族構成はサラリーマンの父・専業主婦の母・認知症を患う祖父母と暮らしていたのでそこそこの大家族でしたが、父は大企業の管理職を担うストレスから酒・ギャンブルに溺れる有様。これは後から分かった事ですが父がカードローンもすでに上限額いっぱいまで借りていたこともあり、これと言って家庭には貯蓄もありませんでした。

そんな時に起こったのが、祖父母が引き起こした買い物に関するトラブル。祖父母がいわゆる、老人相手の布団売りの様な商売に騙されてしまったのです。

当時学生だった私は相手の業者に幾度も食って掛かりましたが相手もそれなりの商売をしていますから理論武装は完璧です。そうして確実に払わなくてはならないお金が、50万円も発生してしまいました。そこで私が考えたのが、プロミスでのキャッシングでした。

当時からプロミスはテレビCM・携帯サイトなどでの広告展開が盛んで、色々な体験談を読むなどしてハタチの若い人間なりに検討した結果、プロミスが一番怖くなさそうではないか?という結論に至ったのです。

幸い小さな会社でアルバイトもしていましたし、在籍確認の電話も心配はありませんでした。ただ、月収が定まらない業種だったので、そこだけは少し心配が残っていましたが意を決して申し込みを行いました。

借りる時の心境たるやもう、心臓の鼓動が外に漏れ聞こえているのではないかというくらいに大きく聞こえ、審査の申し込みボタンのクリックも震える手で行った事を覚えています。

なぜ、プロミスのキャッシングで緊張をするのか。それは間違いなく、審査に受かる(可決する)かどうか、そしてどんな審査をされるのか、という事が大きなウェイトを占めていたと思います。

こうして若い学生に毛の生えた様な男がカードローンの申し込みを済ませ、次は審査の段階に進みました。通常ならば審査もスムーズに進行することでしょう。

少なくとも、体験談にある先人たちの知恵ともいうべきノウハウから大きくかけ離れた事は発生しないはずです。しかし、私は当時のハタチという若い年齢ゆえに、ここから少し、普通のキャッシング審査とは違うコースを歩んで可決に結びつくことになりました。

「仮審査の結果、恐れ入りますが、店頭での審査となります。お近くの店舗をご案内いたしますか?」

そう電話で告げられた時、頭の中が真っ白になった感触を今でも覚えています。それでも店頭に赴かなければ審査に落ちてしまう事くらいは理解できましたので、急いで店頭に出向いて無人契約機の前に座りました。

その時のプロミスのオペレーターさんの言葉や態度、応接が今でも忘れられません。端的に言って、感動したのです。

「緊張なさらなくても大丈夫ですよ。お勤め先にもお電話させていただきましたが、まだ御年齢がお若いので、宜しければ社員証かお名刺を見せて頂けませんか?」

そう言ってオペレーターの方は勤務状況の確認として社員証・もしくは名刺の提示を求めてきました。この時点で、さしもの若い心臓も張り裂けそうになっていましたが求められるままに名刺を提出しました。

その後もいくつかの質問が続いたのですが、当時の私はしどろもどろになってしまい、給与の手取りと総支給の違いも知らなかったため年収の申告に差異が発生していたことが発覚。もう諦めて帰ろう、そう思ったところで

「みなさんよく間違われる事ですから、お気になさらないでください。お仕事ですが、どのようなスケジュールで普段はお仕事されていますか?お給料日にはおいくら口座に振り込まれていますか?」

そんな風に終始優しくプロミスのオペレーターの方が誘導するように問いかけてくださり、都度私の申告を修正したりするなどして対応してくださいました。

そうして最終的には見事、必要な額である50万円を借り入れることができ、家庭の一大事もここに一旦の収束を見ることとなったのです。

可決の瞬間はただただ、こんな若造にもキチンと向き合っていただいた事、そして助けて頂いた事に感謝の念しかありませんでした。

後日談として月々の返済額についてもキチンと返済を守り、もちろん今では完済させて頂きました。

きちんとオペレーターさんとコミュニケーションを取りたいという方や、特殊な事情のあるかたはプロミスでのカードローンに申し込むことが一番良いのかもしれません。少なくとも、ここにそう思っている人間が1人はいますからね。

好奇心旺盛な6歳の娘。おかげで習い事の費用が大変なことになってしまった

32歳の専業主婦です。先日、初めてカードローンを利用しました。理由は6歳になる娘の習い事の費用を払う為です。習い事くらいで、と思われるかもしれませんが、娘は週に6つほどの習い事をしているのです。強制はしていません。全て娘の方からやりたいと申し出てきました。

まだ幼い娘の好奇心を尊重して、できれば全ての習い事を続けさせたかったのですが、ごく普通の家庭には、それは酷なことでした。しかし、それでも娘の顔が曇るところを見たくなく、その日、私はとうとうカードローンに手を出すことにしました。

手を出す、なんて言い方をすると何か悪いことをしているように思えてしまいますが、実際はそんなことありませんでした。申し込んだのは横浜銀行のカードローン。他の会社よりも金利が比較的低く設定されているのと、後は私自身が横浜に住んでいることが決め手でした。

事前に決めた借入額は30万円です

続きを読む

ネットショッピングにハマってしまって預金残高を全く気にしなかった結果

ネットショッピングは便利である反面、とても恐ろしいものだと実感しました。数回クリックすれば商品を注文できるシステムは、その裏でお金が動いているという事実を忘れさせてしまいます。

正直、月にどれくらいをネットショッピングに費やしているかは正確に把握していませんでした。28歳、気ままなOL生活。彼氏もいませんし、多額の金銭を必要とする趣味もありません。だからこそ気軽にネットショッピングを楽しめていたのですが、ある日、私はとんでもないことに気づいてしまいました。

銀行口座にある預金が4ケタになってしまっていたのです。

残りは数千円。給料までは残り2週間ありますし、財布の中は申し訳程度の小銭くらいしかありませんでした。このままでは生活が立ち行かない。まさかこんな事態になるとは露程も想像していなかった私は友達に助けを求めました。

しかし、返ってくるのは無情な言葉ばかり

続きを読む

ナンバーワンホスト育成計画をカードローンで実行した結果

彼をお店のナンバーワンホストにしてあげよう。そう考えた私は、月に50万円ほどを彼の為に費やすようになりました。キャバクラに勤めているということもあって稼ぎはそこそこあり、50万円という額は決して少なくはないものの、しかし絶対に払えないというものでもありませんでした。

キャバクラの仕事の味を覚えてしまったら、もう他の仕事はできません。まず給料の額が全く違いますからね。21歳という年齢で、月100万円を稼げる職業なんて他にはありません。あるとすれば風俗とかソープでしょうか。でも私は身体を売る職業に就くつもりはありません、絶対に。

半年ほど経っても彼はナンバーワンホストにはなれませんでした。そもそも彼を指名する客なんて、私くらいしかいませんからね、それでナンバーワンになんてなれるはずがありません。

それでも私は彼にお金を注ぎ込み続けました

続きを読む

どうしても車が欲しくて、カードローン利用して一括で購入した話

今年30歳になるしがないサラリーマンです。私には昔から困った癖というか、傾向がありました。それは、欲しいと思った物はすぐにでも手に入れてしまうというものです。両親に甘やかされて育ったせいもあるのでしょうね、自制心の働きがとんと弱く、これまでもそのせいで様々なトラブルに見舞われたものです。

しかし、自身の過去を顧みることなく、今回もまた私はふと欲が出てしまい、手に入れる為の策を講じることとなりました。

その欲しい物とは、車です
値段はおよそ300万円

さすがにこれはと思いましたが、一度欲しいと思ってしまった心はなかなか鎮まってくれません。そういう高い買い物をする時、普通はローンを組むのでしょうね。でも私にはそれができないのです。一括で購入しなければ、それは買ったとは言えないという、奇妙な信念のようなものが私の中にはありました。

続きを読む